住宅に井戸を設置して緊急時に備える|井戸はイイど

コンテンツ

水を蓄える

最近の日本では、非常に多くの地震が発生しています。そのためそれらの災害に備えて、様々な対策やグッズが販売されるようになってきています。最近注目されているのが井戸掘りです。災害時にも日頃の生活水としても適しています。

詳細を読む

設計から施工まで一貫して行える地中熱利用専門の施工業者を利用して最適なシステムづくりを行ってみませんか?まずは無料相談から。

いざというとき

井戸掘りをしておけば、水を蓄える事ができて尚且つ何か天変地異が起きても雨が降れば再補給ができ、続いて使用する事が出来ます。断水対策や防災にも役立つため、人々の暮らしを支えてくれます。

詳細を読む

許可を取る

自宅の庭に井戸を掘って設置したいと考えている人は、各市町村に許可を取る必要があります。自宅に井戸掘りをするとはいえ、地下水を吸い上げる仕組みのため、専門の業者に支持が必要になるのです。

詳細を読む

さまざまな使い方

水を組み上げよう!さく井工事を依頼するときには、満足度が高いコチラに任せましょう。見積りもすぐに出せます。

井戸掘りを業者さんに依頼できます

数年前の大地震から、井戸掘りに興味をもつひとたちが増えています。自分の身は自分で守るという意味でも、井戸があれば、水道がでなくても生活できるからです。井戸掘りは自分でもできます。専用の器具が数万円かかりますが、時間をかければできるのです。井戸掘り専門業者さんもいるので、活用するのもひとつの方法です。井戸掘りは、掘る深さなどによっても工事費用はかわってきます。20万円前後から100万円かかる場合もあるのです。そして、万が一井戸水が出なかった場合は、出張費や作業費のみの請求になるのです。一式で30万円の井戸掘り工事もあります。基本料金に含まれるのは、地質調査や見積もり費用、採掘工事費用が含まれているのです。

井戸掘りが人気となっている背景に、防災用水の確保があります。そのほかにも、飲み水として利用できる場合もあるし、生活用水として水道水のかわりの使う家庭も増えています。井戸水をそのまま、お風呂やトイレなどに使うと、赤さびなどの不純物により色がつくことがあるので、生活用水に使う場合は、水質検査が必要になります。そして、必要に応じて、専用のろ過装置を取り付けるのです。飲み水として使う場合も、水質検査や、ろ過装置は必要になるのです。井戸掘りの費用ですが、業者さんによって基本料金の内訳もかわります。場合によったら井戸水を汲み上げるポンプ代や井戸から使用場所までも配管代は別途請求されるので、前もって見積もりをもらう方法がいいでしょう。

見積もりをしてくれるので地盤調査をする前に査定をしてもらいましょう。調査は無料でしてもらうことができます。

↑ PAGE TOP